韓国仕入れビジネス情報

古着販売始めました!

5月に引っ越しをしてドボン区に来ました。

このドボン区には古着の倉庫を5個も持ってる社長さんのいるところなんです。近頃古着の仕入れをたくさんするようになって倉庫の近くに引っ越しを決めて、そこからの展開で古着販売を始めることになりました。

実は私は20歳代は古着大好きで給料のほとんどを古着につぎ込んでいたのです。その頃の古着はアメリカの古着でめっちゃ高かった!!

今回のご縁で再び古着に触れることとなりました。

まず、ショップの開設から始めます。

新規のショップなのでフォロワーも実績も0です。

いつもの買い付け販売と違い写真も自分たちで撮影しなければなりません!

一緒にショップを運営するのは韓国人社長のドヨンさんです。ドヨンさんの経験と専門的な知識をふんだんに取り入れたショップを5月10日にオープンしました。

さすがに専門的なショップとあって、翌日すぐに初受注がありました!これはたまたま売れたのかなっと思っていたのですが、13日から毎日毎日受注が止まることはありません!

最初の週は1日1個のペースで売れていきました。

次の週からは毎日2~3個のペースで売れています。

ショップオープンから3週目は1日5個の記録も突破しました。

夏は古着は売れにくいので冬に向けてしっかりとしたショップを作っていく予定で始めましたが、今は薄手のナイロンジャケットがうれていますね!!

そしたら、ドヨン社長ショップ専用の販売倉庫を6月1日から契約してきました。

この倉庫を3人で掃除して、出品した商品を出品順にハンガーにかけて売れた時すぐに発送できるようにするための倉庫です。

毎日の日課は朝から撮影する商品を倉庫へ選びに行って持ち帰り、事務所で撮影します。撮影した商品を新しいショップ専用倉庫にもっていくという流れです。毎日10~15点撮影します。

倉庫の様子はこんな感じです。宝の山です~こんな山がいくつもあるのでびっくりです。

それでも毎日毎日仕入れに行っています。それだけ古着が回転しているということですね!

写真の撮り方も日本人のやり方と違って韓国人風なやり方があること!商品の選び方も韓国人風の目利きがあることなど新しい発見をしました。

これはぜひ皆さんにもお伝えしたいと思い記事にしました。

そしてその専門知識やノウハウを皆さんにも教えてほしいと今、頼んでいます。

その時はお知らせしますので、お楽しみに~